2015.06.09 Tuesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2015.04.10 Friday

    被災地・釜石に服飾工房を(20) 被災地箱崎町が目標 !「アパート工房」へ移転

    0
      カンボジア生活情報誌「ニョニュム」76th Apr/May 2015掲載

      「ひとり工房」になった頃からこじんまりとした工房への移転を考え探していましたが、物件はなく、大きな家賃出費と時間が刻々と過ぎていました。通帳の残高を見て、駄目だと本当にそう思った時、以前見たアパートを思い出し、名古屋の老舗デパートで開催される「岩手県物産と観光展」の出店で名古屋へ行く前に、アパートの大家さんに相談していました。2月半ばに名古屋から戻り、入居できることを改めて確認し、急きょ移転作業が始まりました。

      工業用ミシンなど重量のある引越しは大変ですが、宮古の引越し屋さんは6人体制で、終わった時には「復興のためといっても、身体に気をつけて」と言ってくれました。この移転は、私の大きな目標の“「釜石マダムミコ工房」を被災地の箱崎町へつなげる”ためです。箱崎町が復興段階に入り、土盛りが来年の春頃終わると、復興住宅も順にできていくそうです。それにあわせて、釜石マダムミコ工房も被災地箱崎町に工房を建てたいと思っています。曽祖父母がやっていた商店をイメージして、裁縫だけでなく美術教室にこどもの勉強の場、お年寄りも来る「箱崎学校」という名前の箱崎町の人が楽しめる工房を描いています。

      移転先のアパート工房
      移転先のアパート工房

      最後になりましたが、執筆が苦手なため、今回で私の寄稿を終了していただくことになりました。数年後に「箱崎学校」ができましたら、住む人だけが行き来するような沿岸の被災地だからこそ、「訪ねる支援」という次のステップの支援を皆様に期待したいと思います。長い間ありがとうございました。

      続きを読む >>